個人再生メリット・デメリット【あなたが損をしないための豆知識】

個人再生メリット・デメリット【あなたが損をしないための豆知識】

個人再生メリット・デメリット【あなたが損をしないための豆知識】

返せなくなった債務を減額してもらえて、家などを失うこともなく給料の差し押さえをされることがなくなる個人再生ですが、いい面ばかりではなく当然デメリットも存在します。
まず本来ならば返済しなければいけない債務から逃れるわけですから、金融機関のブラックリストに載ることになり5年から10年くらいは新しく借り入れができないと思った方がいいでしょう。
それから個人再生ができるかどうかの大きな条件の一つになるのですが、自己破産の場合は負債をなくしてしまうので収入がなくても申請できるのですが、個人再生の場合はその後の返済計画などにも影響してくることから収入がなければ手続きをすることが不可能になっています。
また個人として大きなデメリットとしたあるのが、住所氏名が官報という国が発行する新聞のようなものに掲載されてしまい、誰でも知ることができる状態になってしまうということです。
このようなデメリットがあったとしても再生計画案を裁判所に提出して、個人再生が認められれば確実に債務を減らすことが可能ですし、返済の督促などがなくなることによって精神的に余裕が出てくることは間違いないでしょう。
自己破産とは違い条件さえ満たせば家や車などの財産を失わなくてもすむのが個人再生です。個人再生はそもそも収入がなければ手続きができないわけですから手続き後の生活を建て直せる可能性も大いにあります。
また家族などにも迷惑をかけなくて済む場合が多いのも個人再生のメリットと言えるでしょう。